ササキハウス

構造・工法・設備 構造・工法・設備

  • HOME
  • 構造・工法・設備

最高性能を持続させるロングライフ設計

ササキハウスは、創業当時より在来工法一筋にやってきました。その過程においては、耐震対策(ボックス構造/JK金物)や、寒冷地東北で毎日を快適に暮らすための断熱性や気密性、そして健康に影響を与える結露や室内の温度差などの問題に対応するために、新しい工法、技術、材料等を取り入れ、進化させてまいりました。
快適に暮らすための改善を重ねること、それは住まいの耐久性の追求にもつながるからです。ずっと快適で長持ちする家こそ、資産として価値の下がらない家といえるのではないでしょうか。

テクニカルブックカタログ カタログ請求

ササキハウスの構造・工法・設備

このページのトップへ